2012年11月30日金曜日

えにくす/明日のお知らせ




明日12月1日は、
映画と音楽 上映ミニライブ


気分はまさに
「ぼうけんをはじめる」です


僕らの「ひのきのぼう」
60inch 紙スクリーン
費用対効果に優れた一品


名前は「えにくす」にしようかな



- ライブ詳細 -

12月1日(土)

再生の音色 × Dozen Notes 上映ミニライブ

■場所
星港夜(シンガポールナイト)
青葉区上杉1-12-1

■時間
18:30 open 19:00 strat

■チケット
¥1,800(当日¥2,000)
1drink 1popcorn 付


■出演
菊地拓郎(主演俳優)
梶原雄大(映画監督)

齋藤めぐむ(Key)
金田祐介(Cl)

2012年11月28日水曜日

初・栃木



最近、惹かれる音楽は

音数の少ない、透明なものです。




初の栃木県。

秋空が、そんな音楽してました。



2012年11月27日火曜日

やさしい天井



久々の実家(石巻)泊


もと自分の部屋の天井を

ボケーっと数分



浸ろうか

浸るまいか



いつのまにか夢をみて

そーっと新しい朝を迎え入れる



やさしい天井です


2012年11月24日土曜日

歴史



写真上:国分町おゆき
写真下:一番町zutto


ふるさと石巻でレッスンをしたあと

仙台にもどって、餃子・おでん・半熟ピータン

ビール・サワー・日本酒を楽しむ。



大昔、人類は食べるために共存してきた。



そこに生まれる輪。

「食」で生まれる輪。



僕は、最近、それが歴史だと思う。


2012年11月21日水曜日

男メシ



第4回 男メシ



企画打ち合わせ
 ↓
ラーメン
 ↓
スイーツ(某大手ファミレス)



男メシのメンバーは、補完関係である

麺と甘味も、また然り(持論)




男メシ:

「食・論・創」のための、月一会合

齋藤、金田、菊地、梶原のメンズ4人

たいへん男くさく、時にアーティスティック



2012年11月19日月曜日

フェリー



11月17・18日
太平洋フェリーきたかみ ラウンジ演奏
(Cl.金田祐介/Key.齋藤めぐむ)


仙台〜苫小牧、片道16時間


携帯、ほぼ圏外


それがいいんです


ムダをそぎ落として
奏!飯!飲!喋!寝!


そして帰!


それが出来るんです



2012年11月17日土曜日

12.1ライブ告知




- ライブ告知 -


再生の音色 × Dozen Notes 上映ミニライブ


映画を「10分×3」のディレクターズカット
Dozen Notes ライブ、映画出演者によるトーク


■日にち
12月1日(土)

■場所
星港夜(シンガポールナイト)
青葉区上杉1-12-1

■時間
18:30 open 19:00 strat

■チケット
¥1,800(当日¥2,000)
1drink 1popcorn 付


■出演
菊地拓郎(主演俳優)
梶原雄大(映画監督)

齋藤めぐむ(Key)
金田祐介(Cl)



「再生の音色」
大町アーケードのオルガン奏者・渉
震災を期に、渉の心の成長を描いた短編フィルム


「Dozen Notes」
クラリネット・キーボードユニット
key.齋藤めぐむは「再生の音色」のメインテーマを作曲提供



2012年11月16日金曜日

腑に落ちた




龍笛・山下 進さんと打ち合わせ&音取り



年明けの企画は、まだ詰めどころ満点

でも、今日、腑に落ちた



これは、奏者/観客の有意義な時間になるって

2012年11月13日火曜日

2トーン



旭ヶ丘駅前の並木道も

すっかり赤と黄の2トーン



1年前と1年後

同じ風景と少し違う自分



ようやく実感です




2012年11月11日日曜日

僕は幸せ者です


感傷・感情に浸っちゃいけない。
でも、少しだけ自分を甘やかそう。




11月11日(日)
単独ライブ Live'n the Clarinet 終了



僕は幸せ者だ。



去年まで普通に会社員だった。

小さく音楽を続けていたし、ライブもあった。



震災があって、身の回りにもいろいろ起きて、

音楽なんて言ってる環境、立場じゃなくなって。



それでも、ずっと僕と音楽してくれていた齋藤めぐむ(キーボード)、

水沼 慎一郎(作曲/ピアノ)が、

仙台来なよ、音楽やろう、って言ってくれた。



それが嬉しかったし、正解でした。

彼ら2人の世界に、たくさんの繋がりに、

僕を引っ張りだしてくれました。



初の単独企画。



共演いただいたゲストGt.黒津さんは

めぐむ氏のCD録音でお会いした素敵なミュージシャン



会場のSendai Koffee さんは

水沼氏のおすすめのカフェ&ライブスペース



受付、ご来場いただいた皆さんは

両親と親戚のおばさん達

仙台で暮らす幼なじみ

黒津さんの繋がり(奥様と応援団)

むかーし昔、ブラスを指揮した時の生徒

仙台で知り合った演奏家、ご家族、お店のマスター

Sendai Koffee のお客さん



すべてが縁、円、輪なのだ。

これが、幸せでなくて、、



、、、ちょっと感情的になりすぎました




ま、まんず、

仙台に来て、はじめての金田祐介の単独企画ライブ

心の底から幸せでした。

ご来場、応援、ありがとうございました


また、まだまだ頑張ります!


※※※※※


Live'n the Clarinet
@Sendai Koffee 

cl.金田祐介
ゲストGt.黒津隆二

(セットリスト)
ジムノペディ1番
G線上のアリア
四季より冬 2楽章
白鳥
空色の部屋(作曲:水沼慎一郎)

■黒津さんソロ(作曲・作詞:黒津隆二)
平凡
loop
バイクの唄

■金田ソロ(C.P.E. バッハ)
無伴奏オーボエ組曲(Cl.ver.)


バハマの2人
ケルト組曲(arr.金田)
es  ~Theme of es~
星になって(作曲:齋藤めぐむ)
en.アメージンググレイス

クラリネット、実家へ帰る


11月11日(日)午前

蒲沢山ウォーキング大会 ゲスト演奏


Dozen Notes 初の野外公演は、山の中


仙台市根白石方面、蒲沢山で行われた

歩け歩け運動(ウォーキング大会)終了後の芋煮会

、、の前のアトラクションでした。



木管楽器クラリネットが、実家である森に帰ってきて

いつもより肌ツヤがイイ感じ(笑)



豚汁、やきとり、やきそば旨かったぁ。

一人暮らしに有り難いほど栄養満点、腹いっぱいでした。


2012年11月10日土曜日

アウェイとホーム


11月10日(土)

リハのあとは、Dozen Notes かめ七 マンスリーライブvol.3

Dozen Notes...ダーズンノーツ/Cl.金田祐介 Key.齋藤めぐむ



ふるさと石巻市のかめ七呉服店

別のユニットArSeedでの月1ライブから数えて、11回目の公演



もはやホームグラウンド
、、と言いたいけど
最近、身内・知り合いが多いと照れる。


演奏することではなく
営業面してMCしたりPRするのが。


「職場」を見られる気恥ずかしさ、に近い


そんな事で、「仕事」できなくて、どーすんのさ
とか言わないでほしい。



アウェイとホーム


前者が好きな人だって、きっとスポーツ選手にもいる、、、はず

最終リハ














11月10日(土)

明日の自主ライブ「Live'n the Clarinet」の最終リハ


適度なワクワク

きもちいいドキドキ

まだ湧かない達成感



恐ろしいほど勉強になった

2012年11月7日水曜日

告知


- ライブ告知 -

11月11日(日)

Live'n the Clarinet

@Sendai Koffee(仙台市青葉区春日町4−25)

18:30 open  19:00 start

¥2,000 (1 drink)

出演
clarinet:金田祐介
ゲストGuitar:黒津隆二


2012年11月6日火曜日

11.4古川工業高校


11月4日(日)

古川工業高校 第8回定期演奏会 ゲスト出演

Key:齋藤めぐむ/Cl:金田(Dozen Notes)




頂いた花

2日後、蕾のだったユリの1つが自然と開く

なんだろね、このホッとする気持ちは。