2013年5月27日月曜日

入部したて



5月26、27日

太平洋フェリー

コンスタントに演奏させてもらっているフェリー。

とは言え、幹さんのライブから直行だったので、
体力的に保つか心配していたのですが、、、


気持ちが乗ってたんですね。
思いのほか元気に、演奏(打ち上げ)しました。


朝の演奏や昼間の空き時間も、やたらと元気で、
とにかく音楽・楽器に触れていたい気分でした。


吹奏楽に入部したての頃って、
きっと、こんなだったんだと思います。


またそういう感情に出会ったこと、
まだそういう感情を持っていることが、
すなおに嬉しいです。


下船して2週間もすれば、つぎの乗船が待ってます。
気負いなく、いい仕事をしてきます。


2013年5月26日日曜日

幹mikiライブ風景


5月25、26日

幹miki 2013コンサート
メテオファンタジア

@宮城野区文化センター シアターホール

幹さんと同じ蔵王町出身の
美術家・加川広重さんの巨大壁画をバックに
ステージが組まれました。

リハーサル

幹さん 初アコーディオン
vo. 幹mikiさん / gt. 越田 太郎丸さん

pf. 佐藤 達哉さん

key. 齋藤めぐむさん / 松尾 和子さん

gt. 佐久間 康丞さん

bs. 村井 麻美さん

drm. & per. Miujiさん

みんなの写真を撮ってくれてたので
Miujiくん本人の写真が...

perform. & cho. Naumiさん

音響さん・照明さんも素晴らしい方ばかり


出演者&スタッフ 勢揃いで



ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

2013年5月8日水曜日

Cycleの風景



5/6  Live'n the Clarinet , 3rd「Cycle」


本番直前


ゲストの山下さん、龍笛ソロ
「啼く」という言葉が似合います。


山下さん&金田 おしゃべり中



ゲスト安達さんのクリスタルボウルと龍笛のデュオ

AV機器がどんなに発達しても、
ちょっと足を運んで、お二人の演奏を聴いた方が、
ずっと音を浴び、浸れます。


安達さんのクリスタルボウルご紹介
非科学の神秘。宇宙の楽器。


金田 自作自演ステージ



「Cycle」

僕としては、最後のクラリネットのメロディが
「Cycle」の最も意味するところでした。


3. 雨冷やかにして、香魂 書客を弔う の演奏中

シャンティという不思議な楽器を、山下さんに担当してもらう。

同じ和音を6度繰り返すクリスタルボウルと
風鈴のように無秩序に鳴るシャンティ

幻想的といえば、この場面が1番。



今できることを目一杯つめ込んだ自主ライブ。


安達さん、山下さん、

ご来場の皆様、会場のSENDAI KOFFEE、

受付の幼馴染み、多岐に渡りサポートしてくれた齋藤めぐむ氏に

心から御礼を!


ゲスト

山下 進さん(龍笛)

安達 季久子さん(クリスタルボウル)

セットリスト

Cl.ソロ       無伴奏オーボエ組曲(C.P.E.バッハ)

龍笛ソロ 陪臚 / アメージンググレース

龍笛&クリスタルボウル デュオ

クリスタルボウルソロ


金田ソロ(自作) コーラルブルー / アネモネ / 桜の薫る丘

Cycle  

1.夢幻泡影 
2.星が舞う
3.雨 冷やかにして 香魂 書客を弔う
4.枯木寒巌 - Cycle



(当日帰宅後、、、)


放置の末、大惨事、、、

まずは洗濯、と、、、