2014年9月28日日曜日

シンケンファクトリーにて



9月28日(日)

角田シンケンファクトリーにて

「角田ずんだ祭り」と同時開催のライブ

僕は珍しい帽子姿ですが、実は寝グセ隠しです(笑)

集合時間には間に合ってよかったぁ^^;



晴天にめぐまれて、本当に気持ちのいい1日。

この日は僕らの他にビッグバンドの皆さんや

ジャズシンガーさんもいらっしゃいました。


出店も大繁盛。

キュウリの1本漬けと、蔵王ホルモンが最高でした。

1日中居たので、ちょっと顔が日焼けしたみたいです。

ヒリヒリします。

2014年9月27日土曜日

玄関開けたら



9月27日(土)

写真と文章に繋がりがありませんが(笑)

Dozen Notes on the radio 生放送 でした。


昼間に大町オルガンがあり、一旦帰宅。

夕方に練習しようと思って玄関あけたら、こうでした。


ラジオは2年ぶりの生放送。

生演奏も思ったよりずっと落ち着いてできてホッとしました。


メールを頂いたのですが、僕がラジオを始めて3年になりました。

全然トークが上手くならなくて恥ずかしい、、^^;

今後とも懲りずに飽きずに聴いてくださると嬉しいです。





2014年9月26日金曜日

ライブ鑑賞




ライブを見に行く

サックス・ギター・ピアノのトリオ


タンゴやハバネラなど特徴的なリズムを使いながらも

揺るがないオリジナル性

合間にピコピコハンマーとか使ってみたり

見た目にもすごく面白い場面もあって

久しぶりに「勉強する」っていう気持ちを横に置いて聴いた


やっぱりライブはいいな〜

2014年9月23日火曜日

9.23 cafe Note


9月23日 ”cafe  Note”


近江屋さん、いつも写真ありがとうございます。


今回は調律・今野さんの「外してみます?」の一言に

アップライトの中身が丸見えです。

蓋を外しただけで、見た目も音も全然違いました。

いろいろと試しながらの”cafe  Note” 

少しずつ良い形になってきました。

2014年9月20日土曜日

泉マルシェ


9月20日

泉マルシェ 2014

夏?っていうくらいの青空


『ある晴れた日は恋人と市場へ』という金8の曲があるけど、

それそのまんまの風景でした。

見て歩くのも良し、買うのも味わうのも良し。


こんな日に野外で演奏できて、本当に爽快でした♪


この1年の練習や活動の甲斐あって、

個人的には昨年のリベンジが出来たかなと思います。

3つのフレーズだけ、ちょっと悔しいこともあったので、

いつかまたの機会に。


ご来場のみなさま、スタッフの皆様、ありがとうございました!

「マルシェ音楽隊」来年も演奏できたら嬉しいですね^^

2014年9月17日水曜日

フェリー2日目の夜は



9月のフェリー

今月もいい旅でした。

苫小牧、思ってたよりずっと暖くて停泊中も過ごしやすかったです。

でも旭川だったかな、もう紅葉が始まってるみたいで、

確実に秋が迫ってるんですね。


演奏話は横に置いて(笑)


seven teen ice に「しろくま」が期間限定でありました^^

来月もあればいいな〜。

ふだん見かけるカップ型の「しろくま」味そのまま。

ちゃんとあずきもフルーツも入ってます。

チョコミントとかもたまらんのですが、

なんだか最近はやさしい甘さに惹かれております。


2日目の夜は、演奏からの打ち上げ、サウナ、ビックルにアイス!

フルコースで心行くまで楽しんできます。

2014年9月14日日曜日

MegMusic Band


9月14日(日)

MegMusic Band 1年振りのステージは同じジャズフェス・EDENにて

その間の度重なるレクリエーションと初CDのレコーディングの成果?もあって、

新曲も含めて、すごくいい雰囲気で演奏できた気がします。

ご来場のみなさま、スタッフのみなさま、ありがとうございました!

写真をくださった近江屋さん、足立さん、何枚か使わせて頂きます♪



こちら、足立さんと。

2014年9月13日土曜日

雨上がりのカエル



雨上がり、大きなカエル

20センチはあった!

初めて見た!

普段どこに住んでるんだろう。


ちょっとくらいビクついてくれるほうが

写真撮るにもそっと近づいたりしてワクワクできるのに、

なんか、ふてぶてしい。

接写してるってのに、こっちなんか見向きもしない。


むしろ見習うわ(笑)

2014年9月10日水曜日

必死さ



DNかめ七ライブ、MegMusic Bandのリハ

楽しかったなぁ。もっとやりたいなぁ。


みんな毎日、何かで忙しい。何かに追われてる。

だけど「音楽」を選んで、音楽と向き合っている。

選んだこその必死さがある。


まだ足らないなぁ、自分。